バイナリーオプションのオススメ情報日記

リスク回避一色。相場は行き過ぎるけど、平均に戻る

バイナリーオプションのオススメ情報日記

 

東京時間は、軟調な日経平均に引っ張られてクロス円はリスク回避の円買いに傾きました。すべてのクロス円のチャートを見て振り返ってみると、東京株式市場がオープンしてから一本調子で下げています。陰線の数が半端じゃない。陽線なんてほとんどありません。1時間足とか日足を見て大まかなトレンドを確認しなくても、陰線の数で売りが強いことが一目でわかります。

 

相場の行き過ぎを見る指標として、売られ過ぎ、買われ過ぎ、というものがあります。相場は常に行き過ぎるものです。非常にどちらか一方に値が走りやすい特徴があります。ですが、長期的に見れば価格は平均的な位置に戻ってきます。私が考えるいい例だと思うのがリーマンショックです。豪ドル円は、百年に一度の危機といわれるリーマンショックによって短期間の間に100円の高値から55円辺りまで下落しました。

 

チャートを見て振り返ってみましょう。リーマンショックは2008年に起こったと言われますが、起こった日付まで知っている人はいないのではないでしょうか。せっかくですから、いつ起こったのか調べてみました。ウィキペディアで調べると、2008年9月15日と書かれています。そう、この日に起こったのです。9月15日のチャートを見てみると、豪ドル円は1日で5円も下落しています。これだけの変動が1日であったという時点ですでに売られ過ぎです。

 

その後どうなったかというと、もっと売られて、さらなる売られ過ぎになります。2008年の10月の始め頃のチャートを見ると、かなりの価格のかい離が見られます。これは、窓です。異常に大きい窓を開けて下落して、2009年の2月の始めに底を打ちます。価格は55.55。それから相場は反発を見せ、2009年の10月には80円以上になっています。これは、売られ過ぎた相場が平均に近づこうと起こった現象です。丁度、下落の半値戻し達成です。このように相場は、下げても長期で見ると平均に近づいてきます。下手しても、調子に乗って売り続けないようにしたいですね。

 

 

バイナリーオプションという投資が便利そうだったのでやってみました

バイナリーオプションのオススメ情報日記

 

私は金融投資に興味を持っていて、色々な投資について調べていました。ただどれも複雑すぎて私には理解ができず、これは難しいかなと思っていました。そう考えているとネットでバイナリーオプションという、投資について知る機会がありました。この投資は通貨が上がるか下がるかをかけるものらしく、これなら私にもできそうでした。そう思ったのでネットを使って調べていくと、バイナリーオプションの業者を紹介しているサイトがありました。そのサイトではいろいろな業者を紹介していて、特に海外の業者の紹介がしっかりしていました。

 

最初は海外の業者は危ないのではと思っていましたが、そのサイトの情報によるとそうでもないようでした。それで海外の業者が便利そうだったので、そのサイトを使って外国の業者を利用してみました。海外の業者を利用する時は、まず最初に口座を作る必要がありました。口座をつくる手続きは難しくなく、サイトに書かれている手続きをしたらすぐにできました。それから口座にお金を入れる必要があったのですが、お金はカードを使って入れました。

 

こうしてバイナリーオプションができる環境は作れたのですけど、どうやって投資をするかでしばらく悩みました。それで最初は小額から始めようと考えて、一番少ない額でお金をかけてみました。少額でお金をかけていると勝ったり負けたりが続きましたが、何度もお金をかけているうちに大体のコツが分かりました。それでどのタイミンでお金をかけるべきかを工夫するようにして、ある程度まとまったお金をかけるようにしてみました。

 

そうするとだんだん勝てるようになってきて、利益も得られるように変わりました。それから二ヶ月ほど投資を続けていき、ある程度の利益になったのでお金を引き出すことにしました。お金を引き出す手続きは難しいと聞いていましたが、私の場合は簡単に行うことができました。それは多分選んだ業者が良かったからで、最初に慎重に業者選びをしたことが大きかったのかなと思いました。

 

 

バイナリーオプションの業者を比較するポイント

バイナリーオプションのオススメ情報日記

 

バイナリーオプションの業者選びで、まず最初に思いつくのがバイナリーオプション 比較の利用です。グーグルなどの検索サイトでは、怪しいサイトははじかれるようになっているので、検索して1ページ目に来ているサイトならそこそこ信頼できるということになります。しかし、絶対に信頼できるというわけではないので、必ず自分で信頼できる業者であるかをチェックすることは大切です。

 

バイナリーオプションを比較する上で、大きな分かれ道となるのが国内か海外かということです。海外の業者では詐欺サイトが多く、さらにやっかいなのが、もしも詐欺にあっても会社が海外にある場合には日本の警察ではどうにもならないことが多いということです。架空の会社名と住所を使っている詐欺サイトもあるので、海外の業者を利用する場合にはしっかりと信頼できる業者であるかを確認することが大切です。

 

バイナリーオプション業者を比較するときに重視する人が多いのが、「ペイアウト率」です。「ペイアウト率」は1.8倍となっているのが一般的ですので、それより高い業者は注意しておきましょう。「ペイアウト率」が2倍を超えている場合には、業者は高い確率で損をすることになりますので、普通はありえません。ギャンブルというのは、「負けた人が出した金額」から「勝った人が得た利益」を引いた金額が会社の利益となっています。そこからさらに店舗費、サイト運営費、人件費などがひかれて、会社の儲けとなります。つまりは、負ける人が多くないとビジネスが成り立たないわけです。これは仕方のないことですので、あまりにおいしすぎる条件を提示している業者には特に注意をしておきましょう。

 

バイナリーオプションを取引できる業者というのは、金融庁に登録しているということが絶対条件になります。法律が整備されているため、国内の業者ではきちんと登録している業者以外は生き残っていないはずです。海外の業者が絶対に詐欺だとは言い切れませんが、トラブルが起きたときに金融庁が対応してくれないということは覚悟しておきましょう。

 

 

 

自宅でのんびりバイナリーオプションをやるスタイルが好きです

バイナリーオプションのオススメ情報日記

 

バイナリーオプションは、少しの贅沢を望む人には適した投資手段だと思います。取引を始めようと自分なりに勉強してきたつもりですが、いざデモ取引でコツを掴んで本物のバイナリーオプション取引をスタートさせると意気込んでしまって1度出金できただけで強気になってしまって、あっというまに残高がゼロになってしまいました。

 

値動きが上になるか下になるかという選択だけなのにゼロになった時は呆然としました。1万円→0円だなんて、自分にはビギナーズラックなるものが皆無だったことで数日間、落ち込んでいましたが、しばらくすると気を取り直して再び入金してからは、たまに1日数回やって勝率が芳しくなかったら、取引をせずに数週間過ごして気持ちの整理がついたら取引を再開しています。

 

投資だけで生きていけたらと、たまに想像したりしますが、いまの自分のように時々お小遣い程度に儲けてるぐらいが気負わないで取引を続けていられるのかと考え直したりしています。今のところ少し利益が出ただけで家具とかちょっとした値の張るものを買ったりしているので、貯蓄額は多いと言えませんが、少しずつ増やしていけたらと考えています。初挑戦の時に思いっきり躓いたわりに、最近は細々と利益を出しているので、いつのまにか入金額より出金額の方が多くなりました。

 

5万円入金してたのですが、キャッシュバックの分も入れて半年で20万円ほど出金できました。大金という程でもないですが、アンティーク家具やキッチン用品を新調できたので、当時は、少し儲けただけで立派な個人投資家になった気分になって浮かれてたみたいです。バイナリーオプションのいちばんの魅力は、実際に取引する前に最大損益が把握しているから、経済的なゲームをしている感覚で妙なプレッシャーも感じません。

 

外でもスマホで取引することもありますが、どちらかというと自宅でテレビを見ながら、PCを開いてのんびり取引している方が性に合ってるみたいです。また、初参戦から既に2年以上経っているので最近は利益が出ても使い切る事はないです。生活費はお給料で賄って、特別な出費の時は、バイナリーオプションの専用口座から引き出しています。世界情勢に対しても、俯瞰で見ながら、常に経済と連動させて、時事的なニュースを追うようになりました。

 

 

簡単にお金を稼げそうだったのでバイナリーオプションをはじめました

バイナリーオプションのオススメ情報日記

 

私はお金を稼ぐことに興味を持っていて、色々なことに手を出しています。そうしていろいろ調べていると、バイナリーオプションという投資について知る機会がありました。このバイナリーオプションとは通貨を使った投資らしく、FXとよく似たものでした。ただFXとは違い通貨が上がるか下がるかだけをかけるもので、非常にシンプルで簡単そうでした。このような投資ならば時間もかからなそうだし、私にも向いているかなと思いネットを使って調べてみました。

 

ネットを使って調べてみるとこの投資は、外国のバイナリーオプション業者を利用するのが便利だということを知りました。外国の業者を利用するのは大変ではないかと思ったのですが、調べてみるとそうでもないようでした。最近の海外の業者は日本人向けのビジネスをしており、日本語で対応してくれるところが多くありました。これなら簡単に利用できそうだと思ったので、海外のバイナリーオプション業者を使うことにしました。

 

海外の業者を利用する時は、最初に口座をつくる必要がありました。口座をつくる手続きは難しくはなく、業者のサイトを使ったら簡単にできました。それから口座にお金を入れることになったのですが、カードを使ったらこれも簡単にできました。口座を作り入金もしたので、バイナリーオプションの投資ができる環境は作れました。後は実際にお金をかけるだけでしたが、最初はちょっと不安があったので少額をかけてみました。

 

少ない金額でお金をかけてみると、一回目の投資は失敗をしました。それもう一度やってみると今度は勝てたらしく、一回目の損失を回収することができました。それから何度かお金をかけていき、しばらく利用しているとどのようなものなのか理解ができました。その後大体の仕組みがわかったので、効率よくお金をかける方法を考えていきました。そういう方法を工夫するとずいぶん儲かるようになり、いまは結構な利益を得られるようになっています。

 

 

FX取引を初めて行うには

バイナリーオプションのオススメ情報日記

 

FX取引を初めて行うには簡単な基礎知識が必要になります。FXとは外国為替証拠金取引と呼び、日本通貨を始め世界中の通貨を証拠金を使い売買取引を行います。初めに国内証券会社でFX口座を開設する必要が有ります。口座開設するには証券会社のサイトにアクセスしてどれでもご自身の口座を開設する事が可能です。FX口座開設する事が出来たら必要な証拠金を入金する必要が有ります。

 

FXで売買取引する際には証拠金をレバレッジで掛けた金額で通貨を購入します。日本円に対して欧米ドルや豪ドルなど好きな組み合わせを選択してFX売買取引を行います。最大レバレッジは25倍に設定されています。証券会社に依ってはレバレッジの倍数が異なる場合が有りますので、確認して置いた方が良いです。日本円で1万の証拠金が用意する事が出来たら最大25万円を使い外国通貨を購入して行きます。

 

FXは日々異なる外国為替レートを使い秒単位で世界中の投資家が取引を行っています。FXは簡単に言うと外国通貨の売買取引になります。世界中、変動を繰り返す通貨の価格差を利用して利益を作る事が出来るのです。FXは主に平日に行われ24時間変動を繰り返し売買取引が行われています。外国為替取引や外貨貯金よりお手頃な手数料でFX売買取引を行えるのが魅力になります。初めてFX売買取引を行う方は売買取引のスピードの速さに目が落ち着かない所も有ります。最初の内は目をFXの売買取引スピードに慣れさせる方が安心して取引を行う事が出来ます。

雲に突入すると小動きになる事が多いFXの相場

 

外貨の動きを見る時には、いくつかのポイントがあります。そのために様々なツールを利用する事も多いのですが、その1つとして雲が活用される事があります。雲というのは、いわゆる均衡表が表現しているものの1つですね。2つの線で囲まれているゾーンがあるのですが、それはしばしば大きなポイントになると言われているのです。雲には色々な使い方があるのですが、例えば外貨の動きを阻むポイントになります。ある時までローソクが雲の下にあったとして、だんだんとそのローソクが上昇してきたとします。そして雲にぶつかりそうになっているとしましょう。

 

そのような時には、下落が発生する確率が比較的高いのですね。つまり雲にぶつかりそうになった時に、FXの売り玉を保有してみるのが良いとの考えがあるのです。そして雲にはもう1つのポイントがあって、動きの鈍さに関わってくるのですね。そもそも外貨は、たまにあまり動かなくなる事があります。ある時までは積極的に動いていたものの、何かの理由があってあまり変動しなくなる事があるのです。

 

どのような時に動きが小さくなるかと申しますと、それが前述の雲なのですね。例えば上記の局面でローソクがとうとう雲の中に突入した時の局面です。そのような時には、いわゆる保ち合いになるケースが非常に多いのです。勢い良く雲の中に突っ込んだと思ったら、急に動きが大人しくなる事も珍しくありません。ですので現在のローソクが雲の中で動いているようであれば、ちょっとFXの売買を休むのも一法です。というのも動きが少なくなると、売買がやりづらくなる一面があります。大きな動きが発生している時は利益も発生しやすい事が多いですが、あまり動きが少ないとなかなか予想もしづらくなるので、売買が困難になる事も多々あるのです。

 

ですのでローソクが雲の中に突入した時には、一旦は手を止めるのが無難でしょう。この金融商品における雲は、保ち合いを知らせてくれるサインの1つなのですね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:41:09

指標時の滑りの大きさでFXの指値によって損をした

 

数字が発表される局面は、ある意味チャンスになります。FXで売買をしているのであれば、いわゆる指標が発表されるタイミングだけは見逃さないようにするべきでしょう。特にデイトレで売買をしている方にとっては、それは非常に大切なタイミングの1つと言えます。いつになく大きな動きが発生する事が多いので、それだけ一気に大きな利益が発生する可能性も大だからです。

 

ただしそのタイミングで注文をするのであれば、スリップなどには気をつけた方が良いでしょう。私は以前に、そのスリップによってかなり大きな損が発生してしまった事があるのです。というのも以前に私は、ある指標を狙ってスタンバイしていたのですね。そして私は、指値を用いてスタンバイをしていました。仮にその時の外貨の金額が、36円だったとしましょう。そして私はその時に、恐らくその外貨の金額は下落するのではないかと思っていました。そして私は順張りのやり方を重視していたので、35.8付近などに指値を入れていた記憶があります。ちなみに売り玉を保有するための指値だったのです。

 

そして、とうとう指標が発表されました。ところがその時の動きが非常に激しく、一気に35.3くらいまで下がっていたような記憶があります。ところで上記の指値はどうなったのかと申しますと、35.8ではなかったのですね。確か35.5付近で、売り玉を保有させられてしまった記憶があります。というのもその時に私が利用していた金融会社の場合は、よくスリップが発生するのです。その程度がかなり大きく、かなり安い局面で売り玉を保有することになってしまう事もあるのですね。つまり指値の価格から、大きく滑ってしまっていた訳です。

 

そのような事もあるので、指標を狙ってのFXの売買をするのであれば、やはりスリップなどは軽視できないポイントだと考えます。できれば、スリップが発生しづらい会社を選ぶと良いでしょう。現在私はそれが発生しづらい会社を用いていますが、ほとんど滑った事がありません。ですので会社選びなどは、やはりこの金融商品では大切なのですね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:41:09

日常業務のようにスケジュールを作ったらFXの成績が上がってきた

 

私はある時から、計画作りにこだわるようになりました。その計画を作るようになってから、FXでの成績がアップしてきたのです。それはある意味、日常業務に近い一面がありました。そもそも私達は、普段の日常の仕事にて計画を立てるのが大切と言われる事があります。というのもサラリーマンの日常の業務では、計画性が重要になる事が多々あるのです。スケジュールを立てずに業務を進めることも可能なのですが、残念ながらそれは非効率的な一面があります。がむしゃらに業務を進めるだけでは、なかなか仕事が片付かない事があるのです。

 

ところが自分なりにスケジュールを立てると、その業務が非常に効率的になる事があります。スケジュールを立てない状況ですと1日にこなせる仕事の量は30件前後ですが、それを立てると40件や50件などの具合です。つまり計画を立案すれば、それだけ業務効率がアップする事になります。それで私は、よく会社の上司から計画を作りなさいと言われていたものです。

 

そしてFXにも、そのような一面があります。その外貨を用いる商品では、たいてい現在の動きを注視することになるのです。そしてやみくもに売買をするだけでは、なかなか利益が発生しない事が多いのです。そうではなく、今後の動きなどを色々と考える必要があります。つまり自分なりに色々とシミュレーションをしてみて、それに応じた計画を作ってみるべきなのです。

 

この計画を作るのと作らないのとでは、非常に大きな違いがあります。私は以前までは全く考えずに売買を行っていたのですが、それではなかなか利益を発生させることができませんでした。しかしある時から、もっと綿密に計画を作るように心がけていたのです。それを忠実に実行してみたところ、売買の成績が非常に良くなった事があります。ちなみにそれを実行するために、私は指値なども有効活用していたのですが。

 

ですのでFXで利益を求めるのであれば、普段のお仕事と同じく、計画を作ることも必要だと考えます。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:41:09

チームの監督になるのがFXの自動売買との考え方

 

FXは、ある意味でスポーツの監督のような一面があります。なぜならその金融商品では、様々なルールを監督する事が非常に多いからです。その投資商品のやり方の1つに、自動的な方法があるのです。手動での裁量取引とは異なり、様々なルールにお任せするやり方になるのです。ところでその自動的な方法の場合は、いわゆるストラテジなどを選ぶケースが非常に多いです。金融会社は様々なルールを準備していますが、その中から自分に最適な物を随時選択していく事になります。そしてそれらを組み合わせて、売買を行うケースが一般的です。

 

そして、それはある意味チームプレイのような一面があるのです。複数のルールを組み合わせる訳ですから、集団で協議を行うスポーツに似ている一面があります。野球やサッカーなどでは、チームプレイが求められるからです。それと同じく前述の自動的なやり方でも様々なストラテジによるチームプレイが求められるのですから、それを管轄する口座保有者としては、ある意味チーム監督のような役割があります。

 

そして監督なのですから、時には選手交代をする事も必要になります。例えばある時まで、複数のストラテジを組み合わせて売買をしていたとしましょう。そしてその時に採用していた選手のほとんどが、円安に強いタイプだとします。ところがFXの状況は、常に変動しているのです。時には円安ではなく、円高の方向に動くこともあります。その場合は、選手を交代することが必要になるのです。今までは円安に強いタイプを積極的に採用していたものの、状況に応じて円高に強い選手に交代するイメージになります。

 

野球にも、そのような一面があります。誰かが疲れてしまっている時には、ピンチヒッターなどを起用するケースも多々あります。野球の監督は状況に応じて選手をチェンジしている訳ですが、上記の金融商品でもそのチェンジが必要になる事がある訳です。それを考慮すれば、やはりFXは野球などのスポーツ監督に近い一面があります。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:40:09

FX取引の仕組みは誰でもすぐに理解できることが最大の特徴。

 

ちょっと斜に構えて世の中を見てみますと、なかなかどうして、思うように暮らしている方はけっして多いとは言えませんね。とりわけ将来への不安が大きいようでございます。まあ、こんな時代ですから、それも仕方ないとは思うんですが、こんな時代だからこそ、やるべきことも多々ある。そう思わずにはいられないんです。何もないことほど暗い世界はございませんから。

 

じゃあ、いったいなにがあるの、ってお話になるんですが、最近、どうも人気が上がってきたように感じる投資がございます。FXっていうものがありますね。そう、外国為替証拠金取引というものです。どうしてこれほどまでに人気が出たのか。きっと、人の心をつかんで放さないような凄い魅力があるんでしょうね。そして、どうやらそのあたりに問題も集中しているようです。
この問題を解決するには、FXという取引の魅力を探る必要があります。それはなにかと言いますと、FXは株や先物などの取引とは違って、24時間いつでも取引ができるってことです。それから取引手数料が安いってこと。さらには少ない資金で始められ、しかも少ない資金でも大きな取引ができること。そして、金利差でも賢く儲けることができるってことでしょうか。

 

その特徴について、言いたいことはいくらでもございます。でも、あえてここでは一つにしぼってお話いたしますと、FX取引の仕組みは誰でもすぐに理解できるってことなんですね。ようするに、通貨の売買、これでございます。通貨の価値が上がるのか、はたまた下がるのか、ってことを予想して取引をするわけでござます。とびきりすごいところを言えば、今まで外国為替なんかには興味もなく、また知識もない、という方でも、すぐにFX取引は始めることができるんです。極端なお話、小学生にでもできてしまうんですから。ここにFX取引のハードルの低さがお分かりいただけたと思います。

 

今はインターネットの時代でございますから、このFXに関する知識や情報は山ほど探すことができます。そこには自分にとって大事な情報があったりします。その情報を取引に活かすんですね。これがまた楽しい。いつか、そのうち、ヤミツキになってしまうかもしれませんよ。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:40:09

FXが人気の理由は、やっぱりハードルが高くないってこと。

 

あたりまえの言葉に聞こえるのかもしれないけれど、少なくてもいいから、利益が出しやすい投資をしたい、これが一番なんですね、本当は。だけど想像することは観念としてはできますが、なかなかうまく行かないのも世の常でございます。儲けを前提にして始めた株取引も、返って大きな損出を出してしまうこともある。先物取引なんかも同じではないでしょうか。当たれば大きいけれど、負ければ損出も大きい。まさにハイリスクハイリターンの世界。これじゃ、誰もが楽しんで取引できません。そう、株や先物なんていう取引は、やれる方とそうでない方に別れるものなんですね。

 

しかし、今どきはこんなものがございます。外国為替証拠金取引。FXと呼ばれてておりますから、多くの方は既に目にしたり耳にしたりしてるんじゃないでしょうか。FX取引というものは、円やドルなどの通貨を売買して利益を出す取引なんです。ようするに通貨の価値が上がるか下がるかを予想するというもの。ものすごく仕組みが簡単なので、今はかなり多くの方がこれをやられてるんです。

 

ものすごく単純に言えば、少ない資金で取引が始められ、しかも24時間いつでも取り引きが可能なんです。この特徴から、サラリーマンの方はもちろん、一般家庭の主婦の方、お年寄り、学生さんまで、みなさん、この取り引きに夢中になっているようでございます。たんなる興味から始めたFXが、今や本業の収入を大きく上回ってしまったという人もいるんですね。

 

本当、FX取引の利点は一言じゃいいきれないんですが、あえて一つあげるなら、利益の出し方が一つじゃないってことですか。それは金利差で儲けるってことです。FX取引で、スワップポイントによる利益獲得法というものがございまして、これは手持ちの通貨の金利ですね。この差額がそのまま利益になる。これは嬉しい特徴だと言えます。だって、金利の高い通貨を持てばいいんですから。日本は金利がとっても安い。言ってしまえば、このスワップポイントは私たちにはとても有利だということができるんじゃないでしょうか。

 

まったく新しいものとか、すごいものっていうのは、やっぱり誰にでもできて、安定性があり、それでいて楽しいものに限ります。FX取引はそれらを満たしてるんですね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:40:09

在宅ワークと検索すると必ず出てくるFXの魅力

 

今は、昔と違い簡単儲に始められるとFXも、選択枠に有る方も増えいます。FXとは、外国の通貨を売買し、その差益を利益にする取引を言います。『Foreign Exchange』の英略で『外国為替証拠金取引』が、正式名です。ドルやユーロ等の外国通貨為替(がいため)を交換、売買しながら、その差益を目的とした金融商品です。為替には、沢山の専門用語が有ります。

 

為替レートやレバレッジ等の専門用語が有りますが、最初は、難しく思いますが、慣れれば、意味を含めて使いなれて行きますので馴染んできます。ちなみに、為替レートとは、自国の通貨と外国通貨の交換比率のことを言います。テレビ等で現在外国為替市場は、1ドル80.00~80.05で、取引されていますと発表されたとします。1ドルを買う場合は80円5銭で1ドルを売る場合は、80円ちょうどであることを言います。

 

又、買う場合の値段と売る場合の値段の差を『スプレッド』と言われています。この場合は、0.05円、つまりスプレッドは、5銭となります。色々と聞き慣れ無い為混乱は、有りますがやはり慣れる事が、大切です。最近は、デモ口座でFX体験出来ます。外国為替オンラインでは、実際に、現金を使って取引する前に、現実の為替相場を使用してデモ口座による無料が、出来ますので、是非試して下さい。

 

FXの基礎とリスク対処方法、テクニカルチャートの活用法等を教えするセミナーも開催されているので、参加をしてみて下さい.。最初に、かかる費用等予算も有ると思いますので、しっかりと確認してから、ライルスタイルに合わせたスタートが、良いと思います。外国為替金取引は、多額の利益が、得られる反面、多額の損失をしてしまう可能性も伴う取引です。自分の資力もや各書類の内容を充分理解して行って下さい。最初から、大きく狙わず、少しずつ広ければ不安は、なくなります。必ず、儲かる!と、簡単に勧誘されたりするケースも有りますが、ご自身で確認してから、開始下さい

続きを読む≫ 2015/11/09 07:40:09

日本経済新聞が、ファイナンシャルタイムズを買収

 

FXを取引するものにとって日本経済新聞は重要な情報源のひとつになると思います。その日本経済新聞がウォールストリートジャーナルと並んで世界の経済紙の一つファイナンシャルタイムズを買収したと発表されました。日本経済新聞の紙面づくりというのはかなり特殊な作り方をしています。日本では30年ほど前までは読売、毎日、朝日が三大紙になりますが、その当時日本経済新聞はその三紙の足元に及ばない状況が今や、日本一の新聞になっています。

 

この紙面作りは、読者層をかなり絞っての紙面作りになります。それは、普通に生活をしている人が真面目に日本経済新聞を読んでも全く理解ができないというのはみなさん、一度は経験をしたことがあると思います。なぜ、こういった紙面作りをするかといえば、読者の知識意欲を高めるためです。この作戦が奏功し、昔、日本経済新聞が読めなくて苦労した層が、今に日本経済新聞が読めるように努力した結果が今の日本経済新聞の現在の立ち位置になります。

 

最近のネットでの経済記事が誰にでもわかるような記事になっているのと大きな違いになります。記事を作っても読者が理解ができない、というようなウェブ構成ではアクセスは上がらないと考えている編集者がほとんどになります。しかし、人間の知識欲というのは無限に貪欲であるということをみなさん全く考えていません。ですから、今のネット関係の経済記事は無味無臭のものになっています。

 

ところが私もそうなのですが、最近の日本経済新聞は少しひどい状況です。最近では、今年4月にFRBが利上げをすると喧伝をしています。当のイエレン議長は6月以降に利上げをすると言っているのに、4月にやると予想をしました。また、上海株では、中国経済が完全にバブル崩壊したと報道をしました。ギリシャは最初は何の問題もないと報道して右往左往しています。

 

記者会見で日経の社長は、アジアで一番の習財力があると言っていましたが、私からみれば甚だ疑問符になります。過去の戦略が本当に上手く行ったのは戦略の賜物ですが、最近の報道はあまりにもひどいと感じます。ですからFX投資家のみなさんは日経新聞が何をいおうともそれを読んだままそれを信ぜず、きちんと検証をすることをおすすめします。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:40:09

外国為替証拠金取引では、徹底的にリスクを考えるべき。

 

近ごろでは外国為替証拠金取引、大概はFXなんて呼ばれてる投資が人気でございますが、これは本当に誰にでもできる手軽な投資として、株取引や先物取引に取って代わり、大変に注目されてるんですね。しかし、この投資にもとても大事な問題がございます。それはやっぱり取引におけるリスク。まあ、これはなにもFXに限ったことじゃございません。株にしても先物にしても、充分に起こり得るものとして多くの方が気をつけてるものなんですね。ただ、FXの場合、これを軽減できる術があるっていうことです。

 

今、実に多くの方がこのFXをやられております。そんな状況の中にあって、リスクを考えた場合、やっぱりちょっと怖くなりますね。でも、このリスクっていうものは、本来、慎重に物事を進めていれば何も怖がるものでもないんです。ギャンブルでもそうでございます。欲を抑えてやれば、それほど危険なことはございません。まあ、ギャンブルとFXとではぜんぜん違うんですがね。

 

具体的に言いますと、FXの大きなリスクになり得るものは、いわゆるレバレッジという効果です。少ない資金でもこれを効かせて大きな取引をして、大きく儲けることができる。言ってみればFXの醍醐味。でも、当然のことですが、大きな取引をすればそれだけリスクも大きくなるものでございます。たとえば、10万円の証拠金で、レバレッジを10倍に効かせて100万円の取引をしたとします。確かにうまくいけば100万円分の利益が生まれますが、その逆でしたらどうか。まあ、こういうことなんですね。人間、やっぱりどこかに欲が潜んでるものでございますから、これは充分に注意したいものですね。

 

それじゃ、FXのリスク軽減のいい点をあげてみましょうか。それは、ローリスクローリターンの取引を狙うこと。これに限るんですね。おもしろいこと、FXには利益を出す方法が一通りじゃない。たとえば、金利差を狙うこともできる。これはスワップポイントを重視した利益獲得法でして、金利の高い通貨を所持してその差額をもらうというものでございます。日本という国は、幸か不幸か、金利が世界の中でもとっても低い国なんですね。だからこうしたスワップ金利で儲けることも充分に可能となるわけなんです。FX。この時代にはこれなんだと思いましたね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:39:09

スワップ金利で利益を目指して行くという方法。

 

なにやら思い当たることがたくさんございますが、本業にしろ、副業にしろ、はたまたアルバイトにしろ、お金を稼ぐってことは大変なことなんですね。黙って待っててもお金は生まれませんもの。でも、最近はインターネットが発達した結果、アフィリエイトなんていうお仕事も大変に人気です。それに、投資などもかなり多くの方がやられてます。実はここに大きな問題も潜んでたんですね。それは、投資を始めるのはいいんですが、それは確実に利益を出すことができるのか、ってことでございます。株取引、先物取引、大概、これまで人気だった投資っていうものは、確かに大きく稼ぎ出せる可能性は充分にあったわけです。でも、その反対に大きな損失もあった。まあ、これは仕方のないことなのでしょうが。

 

よく語られるのだけれど、こうしたリスクを最小限に抑えることができれば、安全な投資ってものが可能になるわけです。でも、まったくリスクのない投資なんて、あまり魅力がございませんね。そこでおすすめしたい投資が、今かなりの人気を持つFXってものなんです。FXは外国為替証拠金取引といいまして、異なる二国の通貨を売り買いして利益を出していくものでございます。多くの人が思ったとは思いますが、このFXの特長は、通貨の価値が上がるか下がるかを予想するものです。その予想次第で勝敗が決まる。まあ、言ってみれば究極の選択と言えるでしょう。ギャンブルとは言いたくないんですが、似たようなところも確かにある。

 

広告なんかで一番の決め手となるのが、おそらくメリットなんでしょうね。FXのメリットはたくさんございます。でも、その中でも前述したような安全に利益を出して行くことを考えるならば、このFXは最適な投資と言える。それはスワップ金利で利益を目指して行くという方法でございます。二国の通貨の金利差が利益になるっていう嬉しいものですね。まあ、日本の金利は世界でも最低レベルの低さですから、この金利差で利益を出すことも可能なんです。

 

これで当初の問題は晴れました。FXで投資をすることは、レバレッジで大きな利益を目指すことも大変な魅力なんですが、スワップ金利でコツコツ利益を出すことも理想だと言えます。それはこれから重要になると、本気で思うようになりました。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:39:09